絵本2『おつきさまこんばんは』

おつきさまが夕闇からゆっくりのぼってきて、子猫が「こんばんは」とあいさつをする。おつきさまの表情が頁をめくるごとに変わっていくところがおもしろい。裏表紙のあっかんべをしているおつきさまは、けっこうおちゃめなかんじ。暗い夜のなかに薄黄色に輝くおつきさまがきれいです。
わたしが気に入って買ったけど、こどもの反応はあまりなし。もう少し大きくなってからかな?

2 thoughts on “絵本2『おつきさまこんばんは』

  1. おと吉

    この本、ウチにもありますよ。
    ウチの3歳児も今でこそ内容を理解できるようですが、赤ちゃんの頃は私が本の後ろに顔を隠して、表紙の時は目を閉じて「ンー」。裏表紙の時は舌出して「ベー」ってやってました。

  2. kiryn

    おおお、そういう使い方がありますか。明日さっそくやってみます^^
    3歳くらいになれば内容を理解してくれるんですね〜。
    あっかんべーが楽しそうです。

コメントは停止中です。