映画感想

 「トロイ」をみた。「グラディエーター」に続いて古代舞台の戦争映画です。ストーリーは完全に「グラディエーター」の方がうまいけど、戦闘シーンだけなら、「トロイ」も「キングダム・オブ・ヘブン」並みによかった。
 個々の役者さんもよかったなあ。とくにトロイの王様を演じたピーター・オトゥールの演技などとくに。慈愛と敬虔な心は持ち合わせているけれど、政治的な判断能力はない、人のよさそうな哀れな王の役がとてもうまかった。
 オーランドは、「キングダム」のカッコいいバリアン役のときには、さほどなんとも思わなかったが(フツーにカッコいい)、今回のパリス役の彼はすごくいいですねー。可愛すぎるわ。

3 thoughts on “映画感想

  1. 木谷★

    こんにちは、kirynさん。
    私はオーランド・ブルームの声が好きだったりします。声だけきいてもかこいいですよ^^
    彼は、自分が主役として立つよりも、誰か兄貴分がいてくっついていく方が、合っているのかもしれませんね。変わった性質ですね…

  2. merino

    こんにちは。
    Troyでブラピにはまりました(^_^)
    オーリーも可愛い?というかヘタレな役が似合いすぎてましたね。
    ピーター・オトゥールが善かったです。

  3. kiryn

    梨子さん、merinoさん
    お返事おそくなりましてゴメンナサイ! 最近忙しくてサイトの手入れもサボりっぱなしです・・・。
    ともあれ、オーリー(っていうんだー可愛いv)にお二人とも反応してくださってありがと! あのヘタレっぷりがいいんですよね(←オトメン好きなんで)。
    >梨子さん
    オーリーの声かぁー。吹き替え版だったので気がつかなかったわ。ばいりんがるになってるのかしらん。もいっぺん見てみよう。
    >merinoさん
    ブラピはいつ見ても何やってもブラピってかんじですね〜。あの筋肉マッチョな肉体にわたしは少々引いてました・・・。
    でもさ、原作はもっと大層なお話のハズなんだが、アノ映画はなんなんすかね? ハリウッドだから仕方ないにせよ、中途半端なロマンスを入れ込むから、カッコよさが半減ですよ。ラブロマはパリスとヘレンをもっと徹底して描いて、ブラピのアキレスはもっとヒールな戦士役で徹底させたらよかったんでは?と文句いいたくなります。
    オトゥールもよかったが、エリック・バナもよかったですね。わけわからん周囲に囲まれて中堅サラリーマンのような苦労を一人でしょってましたが。

コメントは停止中です。