『あなたの人生の物語』

 テッド・チャン『あなたの人生の物語』は、もういろんな賞をとっているので有名な本だろうけれど、わたしははじめて読んでとても感銘を受けた。どの短編もおもしろかったけど、とくに表題の「あなたの人生の物語」と「地獄とは神の不在なり」の二編がとてもおもしろかった。
 「あなたの人生の物語」では、一つの現象でも見方が異なれば異なる説明の仕方があるという、こう言ってしまえば「当たり前」のように思われることを、とてもうまく物語のなかに織り込んであった。
 ものすごく端折って自分なりの説明を書いておくと、物事を「X→Y(原因→結果)」の連鎖で理解していくか、「Y←X(目的←経過)」として、物事の目的や最終地点を最初に分かったうえでそこに向かって行為を遂行していくかという物の見方の違いがある。物語では、このちがいが人類と異星人との認識や思考パターンのちがいをもたらしているとされていて、そこを解析していくまでの科学者たちの試行錯誤が描かれている。
 同時に、主人公の女性科学者が自分の娘との関係を「Y←X」の方式によって並行的に語っていたというのが、最後のオチで分かるようになっていて、この二重構造がとてもうまいなあと感心した。最後がどうなるかは最初に分かっていたとしても、そこにいたるプロセス次第では最大の幸福となるか最小の幸福となるかは分からない。母の語る娘との関係は最後に近づけば近づくほど(物語の中では「出発点」に近づくほど、だが)、切なくも希望にみちあふれていく。何とも言えずいい読後感だった。
 「地獄とは神の不在なり」は個人的にはもう映画化決定!というくらいにおもしろかった。天使の降臨が天災のように起こる世界で、人々が神の意志を日常的に感じる世界が描かれている。
 主人公ニールは神への信仰をもたなかったが、妻が降臨によって天国に召されてしまったがゆえに、もう一度彼女に再会しようと天国に昇天する方法を求めて苦闘する。妻の喪失という苦しみから逃れるために自殺することはできない。妻が地獄に行ったのなら迷うことなく彼は自殺をするだろうが、彼女が天国にいる以上、その手段はとれない。妻を奪った神を無条件に愛することができない主人公は、苦しみながらも最期には神を愛するにいたる。天国への扉が一瞬開くのだが、にもかかわらず彼は天国に行くことができず、妻と再会することはできなかった。
 作者によると、ヨブ記への不満がこの作品の元にあるらしい。曰く、なぜ神は最後にヨブを救済したのか、と。同じ疑問はわたしも抱いたことがあって、ヨブへの壮絶な仕打ちが最後には何倍もの恩寵へと変わっていくところには違和感をおぼえた。ニールはヨブとはちがって、生きている間は神を愛することができなかったけれども、地獄へ堕ちてもなお神を愛しつづけている。地獄が神の気配をまったく感じることのできない場所であるにもかかわらず。救いがないにもかかわらず、ニールはもはや救いを求めて苦悩することもなく、ただただ神を愛するのだという。悲惨のなかにいるヨブよりもずっと悲惨で、ぞっとするような終わり方でもあるのだが、彼自身はもはや悲惨ではないのか? こちらは深い読後感で、とにかく印象深い作品だった。
 

2 thoughts on “『あなたの人生の物語』

  1. merino

    こんばんは。
    あらためてkiryunさんは深いなと思いました。そしてなんだかとてもほっとしました。
    ちょっと(私的なことですが)Netで疲れてしまっていたのもあったので、すっと入ってくる読書の感想が、すごく心地よかったです。
    ありがとう。

  2. kiryn

    merinoさん
    お礼を言われるようなことなど何もしておりませんが、心地よいとおもっていただけたのなら、わたしもなんだか不思議な気持ちになって、切なくなりました。
    わたしもときどきネットが疲れてしまうことがあります。
    でも文章を書きたくなるときがあって、今回の読書感想文はそんな勢いで書いたものでした。
    かっちりした長めの文章をつぶやくように書くのが性にあっているのかもしれません。
    merinoさんとどこかで波長があったのかもしれませんね。
    コメントを寄せてくれてありがとう。推し量ることしかできないけれど、癒されることを祈っております。

コメントは停止中です。