「パフューム」みてきた

 「パフューム」を見てきた。エンターテイメントとしては非常に完成度が高い作品だった。久々に映画の醍醐味を堪能した。原作をもう一度本棚から引っ張り出して読みなおそうかな、と思う。コメントはまたあとでまとめることにする。
 話題のマンガ作品で、1巻を買ってみてすごくおもしろいと思い、一般に評価されているだけあるなあと感心するにもかかわらず、2巻目以降買う気にならない、ということが多い。けっしてつまらない作品だったわけではないので、なんでどうでもよくなるのかなあ〜と思っていたのだが、友人から、それは世間の評判にしたがって選んだだけで自分の好みではなかったというだけのことだ、といわれた。ホントそのとおりだわ、とちょっと目から鱗がおちた。
 でもそれってストライク・ゾーンが狭いってことなんだよね・・・。

2 thoughts on “「パフューム」みてきた

  1. おと吉

    「パヒューム」なのか、「パフューム」だと思ってた。観るべきか悩んでました。観ます。
    「Dr.スランプ」「パトレーバー」「ギャンブル・レーサー」は皆3巻で逃げました。何でか3巻です。「おそ松くん」も3冊持ってます。「秘数3(中沢新一)」なのかも。

  2. kiryn

    あれ?どっちだろう、、、公式サイトは「パフューム」ですね。なおしときます。この映画みて損はないと思いますよ。もういっぺん見たいくらいです。
    >何でか3巻です。
    そか、3巻で止まる人もいるんですね。じゃあ、いつも2巻止まりの人やいつも4巻止まりの人もいたりするのかな? わたしはやっぱり1巻で買いつづけるかどうか分かれてます。見切りが早い?

コメントは停止中です。